記帳の必要性
このエントリーをはてなブックマークに追加

起業後に行う事 専従者給与について 従業員(雇用)についての手順&届出へ
青色申告関連 届出書 埼玉県内青色申告会 所在地マップ e-Taxの利用を始める際の届け出

新しく青色申告者なられた方は、

 青色申告者は、原則として正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳を行わなければなりませんが、 現金出納帳を中心とした「簡易帳簿」(簡易簿記)によることもできます。
簡易帳簿は、「現金出納帳」「簡易帳簿は、「現金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」「経費帳」「固定資産台帳」の5冊からなって います。
 簡易帳簿による人であってもこれらの帳簿のほかに、預金・手形・元入金・その他の債権債務 について記帳することにより、65万円の青色申告特別控除を受けることができます。
記帳者の能力に応じて、簡易簿記、複式簿記のどちらでも可能です.
 帳簿の記帳方法は、簡易簿記、複式簿記のどちらを選ぶかは記帳者の能力に応じて行えば大丈夫です。

青色申告会では、簡易簿記、複式簿記どちらにおいても、記帳指導・相談を行っています。 近年は、パソコンが普及したこともあり、全国青色総連合の推奨するパソコン会計ソフト「ブルーリターンA」を 使用して複式簿記(青色申告控除は55万円あるいは65万円)での記帳をお勧めしています。

Copyright © OAコーディネターズ All Rights Reserved.