知っとこドローン

「ドローン」と「ラジコンヘリ」の違いは?

ドローンは無人航空機の意味。元々は無人偵察機として開発されていた機体をUAV(Unmanned Aerial Vehicle)と呼んでいたが「ロボット」を意味する言葉としてドロン(Drone)とも呼ばれるようになった。 現在では無人機を示す物としてドローンという名が使われており、無人航空機に限らず無人機の総称として使用されている。 現在ドローンと呼ばれる物(間違った名称の機体を除く)は、遠隔操作を必要としない自立飛行が可能な物に使用されている。例えばボタン一つで離陸場所へ戻る機能(ワンキーリターン)や、GPSを利用して目的の場所へ自動で飛行する機能などを備えたものをドローンと呼んでいる。 間違った名称で呼ばれているのは本来「マルチコプター」と呼ばれる物。3つ以上のローターを持ち、各ローターの回転数を制御することによって機体の移動や制御を行う物をいう。またローターが3つの物をトライコプター、4つをクアッドコプター、6つをヘキサコプター、8つをオクトコプターといい、マルチコプターはこれらの総称として使用されている。 各メーカーが製造しているマルチコプターは上記ドローンの機能を備えていない機体には「ドローン」という名称は使用していません。ドローンでないマルチコプターに間違って「ドローン」という名称を付けているのは日本の販売店(輸入業者や販売代理店)です。 ドローンは自立飛行が可能な機体であって形状を示す物ではありません。飛行機が他のドローン、ヘリ型のドローン、地上走行のドローンなども存在します。しかし、ホビーやトイ製品では遠隔操作(ラジコン)の機能も備えているためラジコンと同一視されていますが、本来は自立飛行・自律走行の機能を持った無人機のことです。

無人航空機の飛行ルール

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。 飛行空域によっては事前の申請と承認が必要となります。なお、DJI製品は、飛行許可申請において、機体の安全性能等一部の申請項目の手続きが免除されます。 →航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール - 国土交通省へ 無人航空機*の飛行にあたり許可を必要とする空域
※飛行機、回転翼航空機等であって人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(超軽量のものなどを除く) 以下の空域においては、国土交通大臣の許可*を受けなければ、無人航空機を飛行させてはならないこととする。
※安全確保の体制をとった事業者等に対し、飛行を許可 空港周辺など、航空機の航行の安全に影響を及ぼす恐れがある空域[下図A,B] 人又は家屋の密集している地域の上空[下図] 飛行許可が必要なエリア
飛行ルールの非対象となる機体200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)は飛行ルールの対象となりません。

ドローン操縦、自動車学校が指南 受講で証明証

 全国の自動車学校24校が加盟する一般社団法人全国自動車学校ドローンコンソーシアム(東京・台東)によると、これまでに福島県や岩手県、埼玉県など全国に16校が開校。年内に新たに8校が開校する見込みだ。同コンソーシアムは2年以内に全国の自動車学校の約10%にあたる100校まで増やすことを目指す。  自動車学校が開設するドローン教室は、ドローン運航のガイドラインの策定や操作者の育成を推進する一般社団法人、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が作成した教育カリキュラムに沿って実施する。

GoProドローンKArMAついに登場!

KArMAは、オールワンの仕様でバックパックの中に全てが収まっている。ドローン本体に合わせて、手持ちジンバル用に「Karma Grip ハンドル」も付属されている。カメラ部分は、「GoPro HERO5 Black」と「GoPro HERO5 Session」そして現行品の「GoPro HERO4 Black」が使用できる。


超ポータブル、折りたたみ式ドローン

3200万画素のスフィアパノラマ: 地上で撮るならおなじみのパノラマ撮影。空から撮れた作品を見ればきっと驚くことでしょう。Mavic Airを使えば、25枚の写真をわずか8秒で合成し、歪みやずれなく3200万画素の鮮明なスフィアパノラマに仕上げてくれます。

Mavic Air Fly Moreコンボ (アークティックホワイト) & DJI Goggles

ドローンの事故:飛行中に見失なう?

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)では、日本で初めてとなるドローン(無人航空機)の操縦士および安全運航管理者養成スクールの認定制度を2015年10月にスタートしました。

● 6軸ジャイロ搭載で、安定感抜群!
ドローン「X5C」の最大の特徴は、6軸ジャイロによる圧倒的な安定感です。従来のラジコンヘリコプターでは、高い操縦テクニックが必要でしたが、この「X5C」なら、初心者の方でもそれほど難しくなく、基本的な操作を習得できます。
● 高画質!空撮用カメラを搭載
ドローン「X5C」には、静止画と動画の撮影ができる空撮用の高画質HDカメラが塔載されています。 カメラ部分に差し込んだmicroSDカードに録画されます。
● USBケーブルからバッテリーを充電
本体から外したバッテリーのプラグを、充電用USBケーブルにつなぎ、USBポートに挿して充電できます。

スマホをドローン化してしまう製品

AIRSELFIE【エアセルフィー】AirSelfie & パワーバンクセット 自撮りドローン 空飛ぶコンパクトカメラ 日本語取扱説明書付き [並行輸入品]
今まで自撮りと言えば、「自撮り棒」や「自撮り専用カメラ」等で撮影するのが普通でしたが、なんとドローンで撮影する時代が訪れそうです。腕の長さや棒の長さで、ある程度撮影できる距離が限られていましたが、そんな制限が、スマホケースに収納できるドローンで解消です。詳細はこちらで

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン
ドローンの実証ができる全国のドローン特区(近未来技術実証特区)等、テスト飛行(練習)が可能な練習場所の一覧

ドローンがもたらす「空の産業革命」

 無線技術を使って操縦する小型無人機「ドローン」が、物流や建設、農業、保険、 警備、災害支援といった分野で大きな注目を集めている。人手の作業を自動化し、 生産性を飛躍的に高めるツールに化ける可能性を秘めているからだ。  例えば高層マンションでの宅配便の配送現場。これまでは配達員が送り先のフロア まで荷物を運び上げ、玄関先まで届けていた。ドローンを使えば配達員は1階から動く 必要がなくなる。ドローンが荷物を運び上げ、送り先のベランダまで届けてくれるか らだ。  空間という、身近でありながらこれまでほとんど活用されてこなかったスペースが、 ドローンによって大きく変わろうとしている。「空の産業革命」を引き起こすとも言 われているドローンの凄さを、「機体編」「操縦編」「分析編」に分けて解説する。