デジタルカメラでいい写真を撮る

デジタルカメラの評価方法は

あなたのデジタルカメラに対する不満は?

  • ピントがあいずらい
  • シャッターチャンスを逃がしてしまう
  • 夜景がぶれる
  • ピント合わせが遅い
  • メーニューが解りづらい
  • 重い・使いづらい
  • ・・・
  • 風景と夜景:などが美しく撮影できるか
  • 解像度:景色の最尾部で夜景などがくっきり写せるか
  • ホワイトバランス:料理撮影などで自然の色味を表現できるか
  • オートフォーカス精度:フォーカスが合うまでの速さと正確性
  • 手ぶれ補正:様々な状況でブレ撮影できるか
  • 連写性能:フォーカスした状態での連写性
  • モニタ・EVF:液晶モニタ及びファインダー性能
  • インターフェース:メニュー画面の視認性とレスポンス
  • 使い安さ:ホールド感や携帯性など

機能別に良い思われるカメラ

昔は、写真機ともいわれハードルの高い(価格、技術)製品でした。現在は上記のカメラの様に機種性能(特に画像処理技術)が向上して誰でも写真が撮れるようになりました。
昨今は、「自撮り」、「SNS映え」など気軽に写真を撮って楽しむ時代です。自分のカメラで写真を撮りましょう。

気軽に撮るといえばスマーフォンのカメラですね

例えばiPhoneのカメラは「ピントが合わない・ぼやける・暗い」を解決。動く被写体のベストショットを。バーストモードで連写撮影。ロック画面からスワイプで「1秒」起動。iPhoneのカメラはレンズが色々発売されています、レンズを変えて楽しく撮ろう。