グーグル地図で「日本の寺・100選」を見てみよう

  1. 下表で寺の名前をクリックする。スクロールバーを上下して該当する景色を探して下さい。
  2. 右欄でドライブコースを検索。「ここから」には、出発地名を入力し、「ここへ」は検索地名が自動入力されます。初期表示文字は例です
  3. [ドライブコース検索]ボタンをクリックすると地図上に経路が青色で表示され。右側の空白欄にドライブ経路が表示されます。ホテル、旅館などの検索へ
  4. ストリートビューの使い方へ
ドライブコースを検索してみる?
ここから(〒番号でもOK)
ここへ 


読込み中・・・
1 北海道 高龍寺
2 青 森 最勝院、菩提寺
3 青 森 菩提寺
4 岩 手 黒石寺
5 宮 城 毛越寺
6 宮 城 瑞巌寺
7 秋 田 補陀寺
8 宮 城 蚶満寺
9 山形 立石寺
10 山 形 山寺
11 福 島 慈恩寺
12 福 島 恵隆寺
13 福 島 立木千手観音堂
14 福 島 勝常寺
15 栃 木 龍泉寺
16 栃 木 輪王寺
17 茨 城 薬王院
18 群 馬 西方寺
19 群 馬 水澤観世音
20 埼 玉 能仁寺
21 埼 玉 龍穏寺
22 千 葉 千葉寺
23 千 葉 新勝寺
24 千 葉 日本寺
25 東 京 増上寺
26 東 京 池上本門寺
27 東 京 塩船観音寺
28 東 京 深大寺
29 岐 阜 円徳寺
30 岐 阜 華厳寺
31 岐 阜 横蔵寺
32 静 岡 尊永寺
33 静 岡 油山寺
34 静 岡 願成就院
35 静 岡 降劒院
36 静 岡 真福寺
37 静 岡 八葉蓮台寺 寂光院
38 愛 知 犬山 寂光院
39 三 重 専修寺
40 三 重 金剛證寺
41 三 重 宝蔵寺・地蔵院
42 三 重 関地蔵院
43 京 都 三千院
44 京 都 教王護国寺
45 京 都 東寺
46 京 都 天龍寺
47 京 都 醍醐寺
48 京 都 地蔵院
49 大 阪 四天王寺
50 大 阪 神峯山寺
51 大 阪 観心寺
52 兵 庫 大龍寺
53 兵 庫 鶴林寺
54 奈 良 興福寺
55 奈 良 東大寺 大仏殿
56 奈 良 寳山寺
57 奈 良 室生寺
58 奈 良 金剛宝寺 護国院
59 和歌山 紀三井寺
60 和歌山 粉河寺
61 和歌山 金剛峯寺
62 和歌山 道成寺
63 烏 取 三佛寺
64 烏 取 大山寺
65 島 根 鰐淵寺
66 島 根 清水寺
67 岡 山 西大寺 観音院
68 広 島 浄土寺
69 広 島 千光寺
70 山 口 瑠璃光寺
71 山 口 東光寺
72 徳 島 丈六寺
73 徳 島 霊山寺
74 香 川 善通寺
75 香 川 大窪寺
76 香 川 大寶寺
77 愛 媛 興隆寺 西山興隆寺
78 高 知 竹林寺
79 高 知 金剛福寺
80 福 岡 鎮国寺
81 福 岡 観世音寺
82 福 岡 大興善寺
83 長 崎 興福寺
84 熊 本 本妙寺
85 大 分 羅漢寺
86 大 分 富貴寺
87 宮 崎 大光寺
88 鹿児島 感応寺
89 沖 縄 桃林寺

このほかにも日本の100,日本の100名城, 日本百景, 日本の100名山, 日本のさと100選, 日本の遺産100,日本の世界遺産などもあります。
日本の寺・100選は、日本百選 都道府県別データベースから引用しました。

東大寺は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院である。 金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら[1])ともいい、奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏(るしゃなぶつ)を本尊とし、開山(初代別当)は良弁である。 奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、東西2つの七重塔(推定高さ約70メートル以上)を含む大伽藍が整備されたが、中世以降、2度の兵火で多くの建物を焼失した。現存する大仏は、台座(蓮華座)などの一部に当初の部分を残すのみであり、また現存する大仏殿は江戸時代の18世紀初頭(元禄時代)の再建で、創建当時の堂に比べ、間口が3分の2に縮小されている。「大仏さん」の寺として、古代から現代に至るまで広い信仰を集め、日本の文化に多大な影響を与えてきた寺院であり、聖武天皇が当時の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置付けられた。

増上寺は空海の弟子・宗叡が武蔵国貝塚(今の千代田区麹町・紀尾井町あたり)に建立した光明寺が増上寺の前身だという。 その後、室町時代の明徳4年(1393年)、浄土宗第八祖酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)の時、真言宗から浄土宗に改宗し、寺号も増上寺と改めた。この聖聡が、実質上の開基といえる。 開基聖聡の弟子には、松平氏宗家第三代松平信光開基の信光明寺開山釋誉存冏(そんげい)や、松平氏宗家第四代松平親忠開基の大恩寺開山了暁(りょうぎょう)慶善がおり、また松平親忠の第四子で、浄土宗総本山知恩院25世の超誉存牛や、徳川将軍家菩提寺大樹寺開山の勢誉愚底(せいよぐてい)はいずれも聖聡の孫弟子であり、中世から松平氏や徳川氏とのつながりが深かった[1]。 中世以降、徳川家の菩提寺となるまでの歴史は必ずしも明らかでないが、通説では天正18年(1590年)、徳川家康が江戸入府の折、たまたま増上寺の前を通りかかり、源誉存応上人と対面したのが菩提寺となるきっかけだったという。貝塚から、一時日比谷へ移った増上寺は、江戸城の拡張に伴い、慶長3年(1598年)、家康によって現在地の芝へ移された。 風水学的には、寛永寺を江戸の鬼門である上野に配し、裏鬼門の芝の抑えに増上寺を移したものと考えられる。

近年寺社仏閣を訪れる女子が増えてきていますが、最近では御朱印帳を持って寺社を巡る「御朱印ガール」も増えてきているようです。テレビの散歩番組でも御朱印を頂いている場面も見かけます。

御朱印とは?

お寺や神社で、御坊様、神職様、宮司様に依頼をして、御朱印帳という御朱印をいただくノートのようなものにお寺や神社の御宝印という判子、御本尊様の名前、参拝日、お寺や神社の名前を書いていただくことを総じて「御朱印」と呼ばれています。