Windowsアクセサリー「Snipping Tool」の使い方

Snipping Toolを使用していますか?PDFファイルの画像の切り抜き、WEBページの画像の切り抜きなどに使用できます。

「Snipping Tool」の起動方法は

  1. 【スタート】ボタンをクリック
    【スタート】ボタンはタスクバー(画面の最下段)の一番左側のボタン
  2. 【windowsアクセサリー】をクリック(“W”のグループの中にあります)
  3. 【Snipping Tool】をクリック。(右図参照)

ここまでで、画像切り取りプログラムの「Snipping Tool」(下図)が起動します。



「Snipping Tool」の操作方法は

  1. 画像を切り取るソース(WEBあるいは、PDFファイル)を開きます。
  2. 【新規作成】ボタンをクリックします。画面は薄い色に変化します。
  3. カーソールは“+”に変化しますので、マウスで“+”を切り取りたい画像を囲みます。
    囲まれた部分は本来の色に変化します。切り取られたは、Snipping Toolに表示されます。下図は、当方サイトのロゴを切り取りました。下図は、切り取りした画像です。
  4. 「ファイル」→、「名前を付けて保存」をクリックして適宜なフォルダーに保存します。この時にファイルの種類は“JPG”となっていますが、ほかに“gif”なども指定できます。

超小型ドライブレコーダー 16Gカード付き ドラレコ ダッシュカメラ 車載カメラ 1080P フルHD 1200万画素 1.5インチ 140度広角 hd録画レコーダー Gセンサー付き WDR 常時録画 駐車監視 動き検知


気を付けていても、いつ巻き込まれるかわからない車の事故。事故の瞬間の映像を記録し、事故後の処理に役立つドライブレコーダーは今や車の必需品。そんなドライブレコーダーにコンパクトタイプが新登場。その大きさは運転中の視界を妨げないわずか7㎝! こんなに小さくても運転中の映像はハイビジョン画質で自動録画。事故の瞬間をしっかり記録します! 一般的なドライブレコーダーは上書きされ事故の映像は消えてしまいますが、小さくても高性能なこのドライブレコーダーは上書き消失を防ぐ「加速度センサー」付き! 映像をしっかり残します。また衝撃を感知し自動で録画する「駐車モード」を搭載、駐車場での当て逃げ対策に大活躍!」車に近づく不審者を自動で録画する「人感センサー」で車上荒らし対策も万全です。取り付けも吸盤で付けるだけで、機械が苦手な女性でも困ることはありません! しかも今回は届いてすぐ使える「記録用カード」と録画した映像を家でも見られる「専用バッテリー」の、合わせて6,000円相当のお品を特別にお付けして何と1万円! ぜひお得なこの機会にお求めください