OAコーディネーターズ

中小企業・個人事業主(商店、個人など)における情報化(IT化:パソコン利用)を応援しています。

OAコーディネーターズの創業理念

当方は昭和60年1月(1985)に創業しましたが、このころのコンピュータ(パソコン)は、まだまだホビーの領域で今日のように、家庭でコンピュータを使うことを考えていない方が一般的でした。
しかしながら、いずれコンピュータ(パソコン)が身近な道具となり小規模企業がコンピュータを使用することを信じて創業しました。
創業から30年以上、経過した今日は、パソコンは急速に進化しました、コマーシャルほど簡単ではないコンピュータを中小企業・個人事業主が有効活用して快適にIT化(情報化)時代を 過ごしていただくことが私たちの願いです。
知識はもちろん、長年蓄えた知恵をご利用ください。


★中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業の派遣専門家登録内容へ。期間は1年単位で平成28年4月1日から平成29年3月31日(年毎の更新)。
★さいたま市産業創造財団専門家:登録内容へ。期限は平成29年3月31日(年毎の更新)。
さいたま市産業創造財団・専門家派遣制度パンフレット

情報化について

コンピュータを導入するだけではダメ! まずは自社の情報と情報の流れを整理してからITの導入を検討する(業務プロセスをそのままにしてシステム(IT)化だけを行ってはいけません)。
システム導入後の保守内容(情報の流れが変わったときの対応)を明確に説明を受けておくこと。 実務は必ず変化します。(伝票の様式を変えたい→対応をどうするか)
中小企業庁2013年版中小企業白書の「第2部第4章 情報技術の活用」では、IT(情報技術)は約70%以上の企業が必要、活用は有効であるが、・・・ITを活用していく上での人材確保や投資コスト負担等の課題がある”と言われています。

2000年問題その後,約10年が経過して・・・そしてWindows XPのサポート終了となりWindows 10となりました

2000年問題を境に,オープンシステム(サーバー,パソコン)を導入した企業においては,2000年問題から10年以上経過し,そしてWindows XPのサポート終了時期から数年が経過しました。ベンダーからリプレース(新機種への買換え等)を持ちかけられる企業も多いと思いますが,その時,ベンダーの言いなりにならない為、私共に相談することが大事です。


  • 毎年この時期に開催される2016年版中小企業白書及び小規模企業白書について のお知らせとともに、この白書からITの利活用について抜粋しました平成28年(2016年)中小企業・小規模企業 白書から のページを作成しました
  • MicrosoftAccessにより、補助金対象となる、製造業(ゴム加工業)の「生産管理システム」開発を行いました。
  • 2014年05月09日(金) 第28回技術総合支援フォ-ラム 「ちいさな企業のイノベーション 情報処理を見直して、作業効率を上げる」!!」を講演しました。
  • CMS(Content Management System)という方法で最近はホームページの作成方法(サイトの新設)も変わってきました。Yahooや楽天なども“ホームページの作成・・・”などのサービスがあります。ウェブページを作成し、運用するには、 HTMLファイルや、それを保存するディレクトリ構造などについての知識が必要だった。コンテンツマネージメントシステムでは、技術的な知識がなくても、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、ウェブによる情報発信をおこなえるように工夫されているようです。
    弊社のブログもWordPressに変換してみました
  • 弊社のサーバはセキュリティー対策向上のため契約内容を変更したため、ブログはhttp://oac-aka.com/cp-bin/blogn/に変わりました。
  • 中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト「ミラサポ」を開設しました。 中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の未来をサポート(国や公的機関の 支援情報・支援施策を、わかりやすく提供し、経営の悩みに対する先輩経営者 や専門家との情報交換の場を提供する)するサイトを開設しました。 詳しくは、以下サイトをご覧下さい。 http://www.meti.go.jp/press/2013/07/20130730003/20130730003.html: 説明
    https://www.mirasapo.jp/:「ミラサポ」へ私は「専門家へのよろず相談グループ」「埼玉県グループ」「IT活用グループ」に登録しました。
  • 今年度(平成25年版)も中小企業施策インデックスを作成しました。 関係先のリンク(URL)付きです、ダウンロードしてPC内で使用すると便利です。
  • 2013年中小企業白書が発表されましたが、情報化・IT活用の部分をみると課題は30年前と変わらないようです。参考資料へ
  • すでに、ご存知の方も多いと思いますが、WindowsXPが来年2014年4月8日で、サーポートが(セキュリティ更新プログラムの提供)終了します。WindowsXPを使用されている方は、それなりの準備が必要となります。最新のWindowsに切り替える手段として、新らしいパソコンに買い換えるか、パソコンはそのままでOSのみを変えるか、どちらの方法においてもデータの移行作業が必要になります。参考資料へ
  • 通商産業省 中小企業庁:"日本の未来"応援会議 ~小さな企業が日本を変える~("ちいさな企業" 未来会議)に関連する部会や総会などに出席しましたが、中小企業においては様々な側面において問題があるようです。弊社も小規模企業ですが、情報力の手助けができないか取り組んでいます。一つの手段として政府が発行する情報を使いやすく発信するということを行っています。平成24年中小企業施策 INDEX経営計画を作ってみるはその一環です。
  • 米マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO(最高経営責任者)は2012年5月21日、開発中の次期OS「Windows 8」の出荷が、「2012年後半」であることを明らかにした。日本マイクロソフトが都内で開催した国内のパートナー向けイベント「Windows Partner Executive Summit」においてコメントした。

    ★弊社は、通商産業省 中小企業庁:"日本の未来"応援会議 ~小さな企業が日本を変える~("ちいさな企業" 未来会議)サポータとして平成24年3月23日に委託されました。

  • 中小企業技術革新(Small Business Innovation Research:SBIR)制度を利用した中小企業の製品・技術情報などを簡単に入力でき新製品を、無料でインターネット上に広くPRできる場中小企業ビジネス支援サイト「J-NET21」でスタートしました
  • HTML5は、今やウェブ業界の流行語といっても良いほどの過熱ぶりです。HTML5は、名前の通り、HTML4の後継に当たる仕様です。とはいえ、HTML5に注目しているのは、ホームページを作成するウェブ制作者だけではありません。ウェブ業界に限らず、あらゆるIT関連業界で注目を浴びています。また、「スタイルシート」の最新版CSS3が発表され、ホームページ作成にあらたな展開が予想されます。当方も時流に遅れることなくベータ版を作成ましたので、パソコンを買う前に・買った後にと、パソコンメーカ一覧シニアパソコン講座 をご覧下さい。
    iPhone上にも当社が支援を行っている所沢青色申告会のページを作成しました、この詳細はブログをご覧ください

    ブラウザ(IE,Google chrome・・・)により、表示形態が異なります

  • “クラウド・コンピューティング”(下記参照)という言葉を聞き始めらて6年ほどになります、今年は“クラウド元年”ということをいう記事も目にすることもありますが、当社においては“クラウド・コンピューティング”のトップ企業でもある「Salesforce.com」社の環境を使用して簡単な情報管理アプリ「会員管理アプリ」を作成してみました。これまでのソフト開発と違い当社側に開発環境を作らずに済むことが利点です。利用側は当然コンピュータのリソースを消費することはありません。「会員管理アプリ」の概要の概要はトピック資料によりご覧ください

    日経Itproでは「失敗しない中堅企業の情報化」が復活しました、内容は、「動かないコンピュータ」,「情報化を妨げる経営者の壁」,「推進役がカギ握る、無理な計画は厳禁」,「運用を考えて予算をとれ」・・などです、その記事を読む前に右側にある当方の記事、「あなたの悩み」や上記文中の「IT化(情報化)」をご覧下さい。これらの2つの資料の内容は10年ほど前に当社の約30年にわたる実体験を書いたものですが、中小企業の情報化の問題は変化をしていないようです

    ★インターネットでごく一般的に使われている「IPv4」アドレスが,早ければ2011年にも枯渇すると言われています。このIPv4アドレス枯渇問題に対しては,キャリア・グレードNATなどの延命策や,次世代インターネット・プロトコル「IPv6」への移行という根本対策の必要性が訴えられています。(右側IPv4枯渇時計 参照)

  • 経済産業省は、オープンガバメントアイディアボックで、1.システム改善意見,2.ネット関する意見を募集しています。オープンガバメントとは、インターネットを活用し政府を国民に開かれたものにしていく取り組みです。
  • 経済産業省は、2009年10月14日から、2009年11月14日まで行なった電子政府の取組に関して、国民の声を聞くアイディアボックスの実証実験の結果は、投稿者へのアンケート結果や投稿内容のすべてが下記サイトで閲覧できます。(マインドマップもあります) http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-meti/ideabox.html
  • 日経BPガバメントテクノロジーは2009年8月10日、自治体の情報化の進展度を評価する「e都市ランキング2009」を発表しました。この内容は各市町村が「情報・サービス」「アクセシビリティ」「庁内情報化」「情報化政策」「セキュリティ」などにつき、ITを活用した情報やサービスの姿勢がうかがえる。

クラウド・コンピューティング

巨大なインターネット上に生まれた,新しい“エコシステム” である。 インフラ,プラットフォーム,アプリケーションのすべてが,ネットワークの向こう側(クラウド=雲)にサ ービスとして存在する・・・ 詳細はこちらへ
IT資産を所有することなく、必要な機能やアプリケーションをサービスとして利用するクラウドサービスでは、ハードウェアの導入やシステム構築、運用などのコストを変動費化することで、TCO削減を図ることができます。また、日々のシステム運用から管理者を解放し、より戦略的な業務にリソースをシフトできることも、大きなメリットとなります。このようにクラウドサービスの活用は、リソースが限られている企業にとって特に有効なIT戦略といえます。
こうしたサービスの活用は中堅・中小企業の間でも広がっており、メールやスケジューラなどのフロント業務だけでなく、すべての企業活動の中心となる基幹業務の領域までを含めて、クラウドサービスが活用されてきています。
クラウドサービス利用のための経済産業省商務情報政策局・情報セキュリティ政策室が作成した情報セキュリティマネジメントガイドラインについて

よく質問される話:どうゆうパソコンがいいですか?

→パソコンで何を処理するかが大事です。

OAコディネーターズ問合せ