中小企業への補助金等

中小企業への補助金等

上記、図の詳細は新型コロナウイルス感染症関連:経済産業省の支援策(2023年5月26日時点)をご覧ください。

Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
「業務改革:業務フローを作ってみよう 業務効率化におけるデジタル化応援 会計処理データで在庫管理を行う 生産管理システムと会計管理システムとのデータ連携。 デジタル化実例:工数激減!
インターネットバンキング利用 電子帳簿保存法の改正 電電子署名とは 問合せ

経済産業省:新型コロナウイルス感染症関連経済産業省の支援策(2023年5月8日時点) 中小企業向け「令和5年度税制改正のポイント」

ミラサポplus 補助金・助成金 中小企業支援サイト
> 最近の申請は、補助金などのオンライン申請は、GビズIDを取得して「jGrants」:経産省から行う事もあります。

小規模事業者持続化補助金
補助対象者: 商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」及び、一定の要件を満たした特定非営利活動法人
「令和元年度補正予算小規模事業者持続化補助金<一般型>」または「令和2年度補正予算小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>」において、受付締切日の前の10か月以内に、先行する受付締切回で採択・交付決定を受けて、補助事業を実施した(している)者でないこと(共同申請の参画事業者の場合も含みます)。
人材開発支援助成金
人材開発支援助成金に事業展開等リスキリング支援コースを創設しました
企業の持続的発展のため、新製品の製造や新サービスの提供等により新たな分野に展開する、または、デジタル・グリーンといった成長分野の技術を取り入れ業務の効率化等を図るため、
①既存事業にとらわれず、新規事業の立ち上げ等の事業展開に伴う人材育成
②業務の効率化や脱炭素化などに取り組むため、デジタル・グリーン化に対応した人材の育成
に取り組む事業主を対象に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を高率助成により支援する制度です。
従業員の人材育成、スキルアップに助成金をご活用ください! 人材開発支援助成金は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です 人材開発支援助成金(人への投資促進コース)のご案内
IT導入補助金
みらデジ:ITツール選定の前に!取り組むべき経営課題を把握
「IT導入補助金2022の新規申請・手続きフローと交付規程と公募要領、
サービス業を中心とした中小企業、小規模事業者が、新たに生産性向上に貢献するソフトウェア等のITツールを導入する際に、補助を受けることができます通常枠(A・B類型)版。また、会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフトの導入を行う際には、高い補助率での支援を受けることができ、PC・タブレット、レジ等の導入も対象となりますデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)版」。さらに、中小企業等に必要なサイバーセキュリティ対策をワンパッケージにまとめた「サイバーセキュリティお助け隊サービス」を導入する際の補助を受けることができます【セキュリティ対策推進枠】。また、地域DXの実現や生産性の向上を図るため、10者以上の複数の中小・小規模事業者が連携 してITツール及びハードウェアを導入する取組についても、補助を受けることができます【複数社連携IT導入類型】。
対象となる方 中小企業、小規模事業者等(飲食、宿泊、小売・卸、運輸、医療、介護、保育等)
用途・対象物
【通常枠】ITツール(ソフトウェア、クラウドサービス等)
例:パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用等
【デジタル化基盤導入類型】会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト(ソフトウェア、クラウドサービス等)
※クラウド利用料は2年分補助が可能、PC・タブレット、レジ等(ハードウェア)
例:パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用、ソフトウェア導入に関するハードウェア導入費用等支援内容補助率等
【セキュリティ対策推進枠】「サイバーセキュリティお助け隊サービス」
(※)のサービス利用料最大2年分
(※)独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公表する「サイバーセキュリティお助け隊サービスリスト」に掲載されているITツール
【複数社連携IT導入類型】「デジタル化基盤導入類型」の対象物に加え、消費動向分析システム 、経営分析システム 、需要予測システム 、電子地域通貨システム 、キャッシュレスシステム、生体認証決済システム等の消費動向等分析経費※クラウド利用料は最大1年分補助が可能また、複数の参画事業者の取りまとめに係る事務費・専門家費

支援内容補助率等
【通常枠】2分の1上限450万円、下限30万円
【デジタル化基盤導入類型】
*申請要件 通常枠(A類型・B類型)において入力を求めていた、生産性向上に係る情報(売上、原価、従業 員数及び就業時間)、賃上げ目標(給与支給総額、事業場内最低賃金)については、入力を求めな い。
ITツール(※)補助額50万円以下(補助率:3/4)
同補助額50万円超350万円以下(補助率:2/3)
PC・タブレット補助上限額:10万円(補助率:1/2)
レジ等補助上限額:20万円(補助率:1/2)
(※)会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト
【セキュリティ対策推進枠】2分の1以内(上限100万円、下限5万円)
【複数社連携IT導入類型】IT ツール(※)補助額:50 万円以下(補助率:3/4)
同補助額:50 万円超350 万円以下(補助率:2/3)
ハードウェア購入費PC・タブレット補助上限額:10 万円(補助率:1/2)
ハードウェア購入費レジ・券売機等:補助率1/2以内、補助上限額20万円
レジ等補助上限額20 万円(補助率:1/2)
(※)会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト
消費動向分析経費補助額50万円×参加事業者数(補助率2/3)
事務費・専門家費補助額200万円以下(補助率2/3)

ミラサポ:IT導入補助金2023のポイントについて

事業再構築補助金
中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施している補助金制度です。 昨今の社会・経済情勢の激変によって、売上や利益が下がった「中小企業・個人事業主」を対象として、新規事業へ最大1.5億円の補助金が出る制度です。補助金対象経費 基本的には新規事業のための初期費用が対象であり、その中でも建物の建設・改装費や機械装置等の設備投資、システム導入費が補助対象です。一定期間内に使用する予定の広告宣伝費や研修費も対象となります。
業務改善助成金
令和3年7月16日から令和3年12月31日までの間に、事業場内最低賃金(事業場で最も低い賃金)を30円以上引き上げた中小企業・小規模事業者が生産性向上に向けた取組を行う場合に、その費用の一部を助成します。 特例コースでは、業務改善計画全体として生産性向上が認められる場合、生産性向上に資する設備投資等を行う取組に関連する費用として業務改善計画に計上された経費(関連する経費)も助成対象となります。
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金は、新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対し、支給します。
両立支援等助成金(育児休業等支援コース(新型コロナウイルス感染症対応特例))
令和5年4月1日以降に取得した休暇を対象として、両立支援等助成金(育児休業等支援コース(新型コロナウイルス感染症対応特例))の申請受付を再開しました。
働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)
.2023年度の交付申請受付を開始いたしました(交付申請期限は2023年11月30日まで)早めに!。
このコースは、生産性を向上させ、労働時間の縮減や年次有給休暇の促進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。
令和5年度「働き方改革推進支援助成金」 労働時間短縮・年休促進支援コースのご案内
ものづくり補助金
令和4年5月26日(木)〔一般型・グローバル展開型〕11次締切の電子申請の利用を開始しました。
ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数 年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイ ス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作 品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。ま
新型コロナウイルス感染症対策情報
  • 事業継続のための運転資金が心配
  • 「新たな日常」への対応のため、事業を再構築したい
  • 緊急事態宣言等の影響により固定費等の支払いが厳しい
  • 事業の承継や経営資源の引継ぎを図りたい
  • コロナに対応しつつ、生産性向上を図りたい
  • ・・・
中小企業向け「賃上げ促進税制」(令和4年4月1日から令和6年3月31日までの間に開始する各事業年度が対象)
中小企業向け賃上げ促進税制は、中小企業者等が、前年度より給与等を増加させた場合に、その増加額の一部を法人税(個人事業主は所得税)から税額控除できる制度です。令和4年度税制改正により、令和4年4月1日以降に開始される事業年度(個人事業主については令和5年分)が対象となります。

「中小企業等経営強化法」が施行されました。
法律の概要
事業分野の特性に応じた経営力向上のための指針の策定  事業所管大臣は、事業者が行うべき経営力向上のための取組(顧客データの分析、ITの活用、財務管理の高度化、人材育成等)について示した「事業分野別指針」を策定します。 (※)具体的には、製造、卸・小売、外食・中食、宿泊、医療、介護、保育、貨物自動車運送業船舶、自動車整備等を公表。
概要は、ここをクリックしてください

事業承継補助金は、事業承継やM&Aなどをきっかけとした、中小企業の新しいチャレンジを 応援する制度です。経営者の交代後に経営革新等を行う場合(Ⅰ型)や事業の再編・統合等の実施後に 経営革新等を行う場合(Ⅱ型)に、必要な経費を補助します。

「挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)新規事業や企業再建等に取り組む中小企業の財務体質強化を図るために資本性資金を供給する

キャリアアップ助成金を利用する。
キャリアアップ助成金」とは、契約社員や派遣社員などといった有期契約労働者、短時間労働者等の、正社員化、人材育成、処遇改善、企業内でのキャリアアップなどに取り組んだ際に事業者を支援する制度です。 平成30年度の「キャリアアップ助成金」の助成対象は主に8つのコースに分かれ、それぞれの取り組みを実施した事業主に対して助成されます。また当助成金は、申請が通れば複数のコースを受給することも可能です
厚生労働省:人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)へ

(令和元年5月29日)平成30年度における下請法の運用状況及び企業間取引の公正化への取組等
中小企業庁:下請かけこみ寺

ジェグテック:中小企業と国内外の企業をつなぐビジネスマッチングサイトで、経済産業省所管の独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。

           

1.比較的長期間に亘って専門家を派遣し、経営戦略に基づくIT化計画の策定及びその実施など、CIO的な立場に立ったきめ細かなアドバイスを行うとともに、アドバイスを通じ、中小企業におけるITの人材育成を行うことを目的とします。

派遣費用(税込) 17,200円/人・日
派遣期間 6ヶ月~1年以内
ホームページ中小企業基盤整備機構・戦略的CIO育成支援事業

2.IT活用促進資金 中小企業が情報化を進めるために必要な、情報化投資を構成する設備などの取得に係る設備資金、また、ソフトウエア の取得やデジタルコンテンツの制作、上映などに係る運転資金の融資を受けることができます。

貸付対象 中小企業者
資金使途 情報技術(IT)やデジタルコンテンツ技術の活用など、情報化投資に必要な設備、建物、運転資金(人材教育費用、コンサルタント費用を含む)
ホームページ 政府系金融機関の情報化投資融資制度(IT活用促進資金)

3.産業競争力のための情報基盤強化税制 情報基盤への投資の促進を図ります。

対象者 青色申告書を提出する個人事業者または法人
措置内容 7%の税額控除または30%の特別償却
最低取得額 当該年度の取得価額(対象投資の合計額)が70万円以上
ホームページ情報基盤強化税制
対象者 青色申告書を提出する個人事業者または資本金1億円以下の中小法人
対象資産 機械及び装置で1台又は1基の取得価額が160万円以上のもの
措置内容 投資に対する7%の税額控除又は特別償却(30%)の選択適用
ホームページ中小企業投資促進税制の改正について

キャリアアップ助成金:概要(有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。)  本助成金は次の3つのコースに分けられます。詳細は
キャリアアップ助成金案内パンフをご覧下さい。


中小機構ハンドブック 中小機構総合ハンドブック 中小企業
みらデジみらデジは「経営課題の把握・顕在化」という入口(スタート)から「デジタル化による経営課題解決」という出口(ゴール)までの一連のプロセスを支援していく事業です。
しばらくおまちください・・・


"経済産業省 METI Journal

Bluetoothキーボード(タブレットスタンド機能付・マルチペアリング)品番:SKB-BT28BK希望小売価格:¥5,390(税込)販売価格: ¥4,380(税込)


ノートパソコン本体、599,164商品を取り扱い中:パソコン購入を検討中の方へここをクリックすると/「売れている順」「 価格が安い順 」「価格が高い順」「 レビュー件数の多い順」「 レビュー点数の高い順」/が解るページを表示します。
iPadやiPhoneアプリを用いた高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」。直感的な使いやすさと、圧倒的な機能で導入店舗は9万店以上!「さくっと早わかり、スマレジのご紹介資料」を無料でダウンロードできます

Zoom(オンライン会議対応)ができるパソコン

パソコン ノート office付き ノートパソコン Windows 11搭載 メモリー 16GB Dobios 日本語キーボードフィルム付き テンキー付き テレワークフルサポート インテル Celeron N5095A 2GHz/IPS広視野角15.6型液晶/Webカメラ/USB 3.0/miniHDMI/WIFI/Bluetooth/指紋認証付き/超軽量大容量バッテリー搭載/ノートパソコン 初期設定不要の便利なノートpc Laptop 在宅勤務・カメラ付き・Zoom ノートPC(メモリー:16GB/高速SSD:256GB) ¥47,999 Windows 11搭載 パソコン ノート office付き Dobios ノートPC 日本語キーボードフィルム付き1.6GHz 14.1型液晶/Webカメラ/USB3.0/miniHDMI/WIFI搭載/豊富な接続端子/軽量PC laptop パソコン初心者向け・学生向け・在宅勤務・カメラ付き・Zoom パソコン ノート (メモリー:4GB/高速SSD:64GB) ¥29,800 税込 NEC ノートPC VK23/15.6型/Win 11 Pro/MS Office /第六世代Core i3-6100U以上/WEBカメラ/wajunのWIFI/Bluetooth/HDMI/8GB/256GB SSD (整備済み品) ノートパソコン 価格: ¥25,880 税込

Zoom(オンライン会議対応)のソフト&パソコンの仕様

パソコンの仕様はノートパソコンの場合

  • スピーカー/マイク:ステレオスピーカー内蔵/デジタル(クワッド)マイク内蔵(デジタルマイクの音声は、スピーカーおよびヘッドホン・ラインアウト兼用端子から直接出力できない製品もありますません。)
  • Webカメラ:フルHD Webカメラ内蔵(有効画素数 約207万画素)Windows Hello対応
  • が必要です。

IT導入補助金の利用を検討する

  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」という。)が複数年にわたって中小企業・小規模事業者等の生産性向上を継続的に支援する「生産性革命推進事業」内の「IT導入補助金」において、デジタル化基盤導入類型(以下、「本事業」という)を設け、新型コロナウイルス感染症の影響を受けつつも、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者等を支援するとともに、インボイス制度への対応も見据えつつ、企業間取引のデジタル化を強力に推進するため、「通常枠」よりも補助率を引き上げて優先的に支援する。
  • デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型):補助額5万円~50万円以下(補助率3/4)、補助額50万円超~350万円(補助率2/3)

OAコーディネーターズは、情報機器の選択、情報システム構築のお手伝いは勿論、このような申告などのお手伝いも行います。


IT導入補助金が理解できていない、利用方法が分からない。
インボイス対応や電子帳簿保存法の意味が分からない。
業務可視化の必要性や方法などわからず困っている。
RPTの対応方法方法などわからず困っている。
DXの取り組み方法などわからず困っている。
・・・
どこに相談していいか分からない。

現在、無料相談実施中この機会に、現状をメールでお知らせください。

情報処理コンサルティング「 OAコーディネーターズ」
Copyright © OAコーディネーターズAll Rights Reserved.
トップへ