話題のネットワークカメラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンの基本 パソコン購入前後 パソコンメーカー 最新パソコン Windows最新情報 ワードとエクセル 画像ファイル

多彩な用途

自宅や店舗に設置して、撮影した映像を外出先から確認したり、遠隔操作したりできるネットワークカメラ(最近ではIPカメラとも言います)。無線LANへの対応が進み、外出先からスマートフォンで操作できる製品が増えている。  各メーカーが2016年になって提供を始めた最新機種は、クラウド録画機能やセンサー機能が充実。家族やペットの様子を見たり、室内に異変がないかを調べたりする「自宅警備」に最適だ。離れている両親の生活状況も確認できます。

「ネットワークカメラ」と「Webカメラ」の違い

基本的に「ネットワークカメラ」はその名前の通りLANで接続され、カメラ単体で動作するものを指します。「ONVIF」(Open Network Video Interface Forum) 「ONVIF」(Open Network Video Interface Forum)というネットワークカメラの規格に適合していればメーカーを問わず接続でき、防犯カメラシステムを構築することができる。対して「Webカメラ」はPCでの接続が必須となり単体運用はできない。接続は主にUSBだが、ノートPCなどに内蔵されたカメラもWebカメラです。

ネットワークカメラのセキュリティ

導入したネットワークカメラあるいは録画・再生機器が、デジタル証明書によるHTTPS(HTTPの暗号化)に対応しているならば、これを利用してHTTPを暗号化することを推奨します。これによって、認証・映像の両方を、途中で窃取されることなく安全に伝送できるようになります。
複数の拠点から映像情報を得るシステムの場合は、その多くは拠点間の通信にインターネットを利用することになると思われます。とすれば当然、通信途上で情報が窃取されるリスクが考えられます。
対策としては、VPN(仮想プライベートネットワーク)が有効です。この仕組みは、厳重な認証・暗号化方式により、専用線を用いることなく内部ネットワークのような「閉じた」通信を行える利点があります。

カメラ・録画・再生機器にアクセスしようとするユーザーに対してパスワードの入力を求めるよう、システムを必ず設定しましょう。工場出荷時のパスワードのままにしておく、またはパスワード認証を行わないよう設定するのは不正利用の温床となります。誰もが目にする場所にパスワードを記載したメモを残すようなことはしてはいけません。アクシス製品は、初期設定時にお客様ご自身で管理者ユーザーのパスワードを決め、設定していただくステップを設けています。

カメラをインターネットに接続する際のリスクと対策
カメラがインターネットに接続されていて不特定多数の人や機器からインターネット経由でのアクセスを許可している NWC システムでは、接続元の制限やセキュアなネットワークサービスの利用などによる対策が必要です。 インターネットからアクセス可能なカメラが受ける攻撃は、3.2.節で定義した第三者が行うカメラ-レコーダー間の回線へのタッピングや HUB への接続を前提とした攻撃と比較して、その種類が増えることはありません。しかし、攻撃者はより安全な場所から多くの時間と情報を使って効率的に攻撃できるため、以下の攻撃が現実的になります。
・DDoS
・既知脆弱性やバックドアの利用
・識別認証機能への辞書攻撃/総当たり攻撃
2018 年現在、検索サービス を用いて既知の脆弱性が存在するカメラを探し 出すことは可能であり、その作業を代行するツールの存在も確認されています。

ネットワークカメラの使い道

ネットワークカメラと言えば、初期のころは防犯用でしたが、最近は、ペットを監視するために使う方も多くなり、さらに介護が必要な両親を見守るための様に用途も増えてきました。

ネットワークカメラを選ぶときのポイントは、概ね以下の3つ。
カメラの機能・性能
画素数や視野の広さ、暗視撮影はもちろん、音や動作、温度変化などを検知してくれるセンサーが付いているか、録画できるか、スマホを経由して会話ができるかなど、自分の目的に応じて必要なカメラ機能が備わっているかをチェックしよう。
スマホでの遠隔操作ができるか
スマホやタブレットなどから、遠隔で録画のオン・オフを切り替えできたり、カメラの角度を変えることができたりするモデルもある。こちらも目的に応じて、選ぶ際の検討材料にしよう。
設置しやすさ、スマホとの接続しやすさ
無線LAN環境で使えるものであれば、基本的には電源をつないで置きたい場所に設置し、ネットワークに接続すればOK。スマホとの接続も、専用のアプリをインストールして簡単にできるものが多い。設置場所によっては、取り付け器具も。

売れ筋ネットワークカメラ

¥4,950 (税込) 50 ポイント(1%還元)●高画質HD動画: 1080pの高画質で細かな点まで撮影をします。
●ナイトビジョン対応: 夜間や薄暗い場所でも映像の視聴や録画が可能です。
●動作を検知したら教えてくれます: カメラには動作検知機能も備えており、動作や音声を検知するとアプリを通じて通知を行います。
●アラーム機能: 不審な人物が映ったら、アラーム音とライトで警告をしましょう。
●双方向通話: マイクとスピーカーを内蔵しており、アプリで画面越しに会話が可能です。
●映像はSDカードに保存: 最大128GBまでのMicroSDカードに対応しています。

昼も夜も安心の防犯ライト Netatmo Presenceは、強力な防犯ライトを搭載しています。夜間など周囲が暗くなることで、検知機能と組み合わせて使用でき、人を検知すると点灯、車は点灯させない、動物は点灯など細かい設定が可能です。防犯ライトは、光量調整機能もあるので、適切な光量に設定することも可能です。また、防犯ライトの操作は、アプリからマニュアルでオン・オフも可能です。




パソコンやスマートフォンにセキュリティソフトを入れるのは当たり前の時代です。 しかし、それだけで家庭内のセキュリティ対策は十分なのでしょうか? Wi-Fiを利用したご家庭のネットワークに接続されているのは今やパソコンやスマホだけではありません。テレビ、ゲーム機器、スマート家電など、さまざまなものがご家庭内のネットワークにつながる時代です。あなたが気づかない間にその数は増えているのです。そして、サイバー犯罪者はこれらの機器を狙ってさまざまな攻撃を試みています。
例えば・・・
・テレビが身代金要求型ウイルスに感染して、買ったばかりのテレビで視聴出来なくなってしまった。
・自宅に設置していた見守りカメラの映像が知らぬ間に誰でもアクセスできるサイトで公開されていた。
・ルータが攻撃され、設定が書き換わってしまった。自宅のルータを使うと不正なサイトに誘導されてしまう。

ネットワークカメラシステムにおける,情報セキュリティ対策要件チェックリスト:独立行政法人情報処理推進機構 特定用途機器情報セキュリティ対策検討委員会

★新品未開封トレンドマイクロ ホームネットワークセキュリティ DICUMMJ1XH2APN3702Z【送料無料】【国内正規品】 レビューを投稿する
2 IN 1最新型防犯カメラ ● LEDセンサーライト搭載 ● 省エネルギー】2020最新進化版登場!Gazingsure 防犯カメラは200万高画質カメラとLEDセンサーライトを一体化し、同時に監視と照明の需要を満たします。2000lm 4000KのLEDライトが搭載され、防犯カメラだけではなく、日々の灯りとしてでもご利用いただけます。LEDタイプので、通常の蛍光灯より寿命が長く、発光効率が高くになり、低電力、高輝度で、省ネー効果は抜群です。さまざま場所対応、例えば、マンションのエントランスや自転車置き場、ゴミ置き場など照明なく場所は特に効果的です。玄関、軒先、庭、廊下、パーク、ガーデン、倉庫、ベランダ、駐車場など場合にも大活躍!アプリで三つの点灯モードを設定可能です。スマートモードを選択してから、夜間に動体検知があったときのみ点灯し、電気代節約につながり、費用を抑えられます。
●100万画素のカメラとともにマイクや温度センサー、照度センサー、暗視機能など、留守中のお部屋を見守るのに便利な機能を搭載したネットワークカメラです。

防犯カメラ ワイヤレス 屋外 監視カメラ ネットワークカメラ WiFi
Copyright © OAコーディネーターズAll Rights Reserved.