「ブルーリターンA」のデータ入力図解説明

トップへ

閉じる

青色申告者は、原則として正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳を行わなければなりませんが、 現金出納帳を中心とした「簡易帳簿」(簡易簿記)によることもできます。 簡易帳簿は、「現金出納帳」「簡易帳簿は、「現金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」「経費帳」「固定資産台帳」の5冊からなって います。  簡易帳簿による人であってもこれらの帳簿のほかに、預金・手形・元入金・その他の債権債務 について記帳することにより、65万円の青色申告特別控除を受けることができます。 ・・・と言われても何のことやらと思う方もいると思います。会計業務的言葉を羅列されて説明されも解らない方の為に

まずは、商売をしている以上、会社員とは違うお金の動きがあるはずです、ゆえに、個人事業主は、お金の動きを正確に決められた帳票に記述することが義務付けられています。このことを「記帳」といいます。

一般的な個人事業主のお金の動きを大別すると以下の様になります


BからDのお金の動きを記述するのは、現金出納帳といい、CからDのお金の動きを記述するのは、預金出納帳といいます。現金出納帳と預金出納帳の入力を行うのはメニュー画面の「帳簿入力」から「現金出納帳」あるいは「預金出納帳」を選択します。上記以外のお金の動き(売掛金・買掛金など)がある場合は「仕訳帳入力」で行います。
●預金出納帳は預金通帳を基に入力します。残高は自動計算されますが、預金通帳と等しくなければなりません。
●現金出納帳はレシートを基に入力します。

「現金出納帳」あるいは「預金出納帳」の入力画面は同等です(下図は「預金出納帳」です)


上図で“勘定科目”は“合計項目”と捉えると一般的用語として理解できると思います。“摘要”には勘定科目だけでは解りずらいので、コメント的文言を入力します、例えば、勘定科目を“消耗品費(709)”とした場合、“事務用品”などとします。「現金出納帳」あるいは「預金出納帳」の入力方法が理解できれば80%の入力は行えます。