がんばろう60代・定年後を楽しく過ごそう 戦後っ子といわれ、団塊の世代といわれ、「企業戦士」といわれた団塊世代前後の人々は?人口統計で見ると我々と我々の子供世代が多い。60歳代をどのように生活するか?定年後(リタイヤ)どうしましょう? 健康に、安心に、楽しく、美しく、快適に、知的に、優しく、生きていくために。起業する?(開業)趣味にいきる?今度は自分のために生きよう!ライフワークを見つけよう!60歳代はシニア?シルバー?

Tweet
今日は:
 今は:

60歳代をどのように生活するか?社会にとっても個人にとっても難題です。年金受給は61歳から・・・。定年は65歳まで延長?高齢社会白書から: 就労を希望する高齢者は約7割

内閣府 平成28年版高齢社会白書より

65歳以上の高齢者人口は、3,392万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)は26.7%(4分の1を超えた)となった。(第1章・第1節 高齢化の状況)

第1章・第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向)高齢者の経済状況
(1)経済的な暮らし向きに心配ないと感じる高齢者は約7割
(2)高齢者世帯は、世帯人員一人当たりの年間所得が全世帯平均と大きな差はない
(3)高齢者の所得再分配後の所得格差は他の世代とおおむね同程度
(4)世帯主が65歳以上の世帯の貯蓄は全世帯平均の1.4倍で、貯蓄の主な目的は病気や介護への備え
(5)65歳以上の生活保護受給者(被保護人員)は増加傾向
第1章・第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向)高齢者の就業
(1)高齢者の就業状況:就労を希望する高齢者は約7割60歳以上の高齢者に何歳ごろまで収入を伴う仕事をしたいか聞いたところ、「働けるうちはいつまでも」が28.9%と最も多く、次いで「65歳くらいまで」「70歳くらいまで」がともに16.6%となっており、就労を希望する高齢者の割合は71.9%となっている
第1章・第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向)高齢者の健康・福祉
高齢者の死因となった疾病をみると、死亡率(高齢者人口10万人当たりの死亡数)は、平成26(2014)年において、「悪性新生物(がん)」が937.1と最も高く、次いで「心疾患」545.3、「肺炎」352.8の順になっており、これら3つの疾病で高齢者の死因の半分を占めている
60歳以上の働く意欲は
[画像をクリックすると拡大表示します]

サービス付き高齢者向け住宅整備事業:国土交通省は、高齢者世帯等の多様な世帯が安心して健康に暮らすことができる住環境を実現する

人生充実のための情報を提供する「JAGZY」(ジャグジィ)オヤジを自認するみなさん、このサイトを見て楽しくいきましょうよ。R50・R60男性を対象に、人生充実のための情報を提供する「JAGZY」(ジャグジィ)。
「JAGZY」(ジャグジィとは、「J」日本の「A」遊んでいる「G」元気な「ZY」オヤジを意味している。R50・R60男性に向けて、人生充実のための情報を提供。ライフスタイルのシフトチェンジを支援します
「JAGZY」最新トピック:やきとり屋で飲むのが好きだったので始めた店
シニアの意識
有意義に時間を消費したい
夫婦として見直しする
趣味の仲間と仲良し
疑い深い
元気だが健康に関心がある
認知年齢は1割〜2割ほど若い
・・・など

アクティブシニア
65歳〜75歳
50歳〜64歳
上記のように定義は分かれる
基本は団塊世代
人口比率では団塊世代が多い
市場において自らの意見を積極的に発表する
スポーツをすることが好き
・・・など

会社人間だった方の定年後の心配は “お金、健康、生きがい”のように言われています。
健康は? よく、痴呆症が取り上げられますが、痴呆にもいろいろ種類があって加齢だけでは説明できない要素がたくさんあります。ただ脳は適度に刺激をしておく必要があることは間違いなく、五感(見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れるなど)を、意識して鋭くする努力は不可欠といわれています。 毎日の食事について考えてみましょう。奥さんが作ったものをただ黙々と食べるだけでは五感は磨かれません。60の手習いで調理に挑戦するのも面白いと思います。今夜は秋刀魚を焼いて食べようと決めたとします。スーパーではなく昔流の魚屋さんに行き、品物を選びます。魚屋のおじさんにどこを見れば生きがいいのかを教えてもらいます。
お金? 何をするにも経済的なバックグラウンドは必要でしょう。その上でいろいろなことに興味を持ち、探究心を忘れず、友人との付き合いを大切にして、正しい判断ができる情報を収集するようにします
生きがい? 毎日家でゴロゴロというわけにはいきませんね。定年を待ちかねるようにして、日々楽しく過ごしている人もたくさんいます。スポーツや趣味を持っている人は定年後の方が忙しいと云います。ボヤキではなく自慢と解されます。趣味を探せばいろいろあってキリがありません。マンホールの写真を撮って写真集を出版した人、陶器を作って個展を開いた人、気象予報士になった人、マジシャンになって老人ホームで人気者になっている人・・・。趣味講座の資料を集めて研究してみてはいかがですか。
日経ビジネスオンライン自分の健康と親の健康を守る!生活習慣病を予防する『一無、二少、三多』とは 自分の健康と親の健康はどちらも同じように大切なもの。それらを保つには普段の生活習慣を見直すことが肝要だ。定期健診や人間ドックなどを活用し、普段の自分を知った上で病気を予防し、健康的な生活を送りたい。 活習慣病の三大要因である高血糖・高血圧・脂質異常症に相当しないかどうか、定期的な確認が必要になる。  普段の生活で心得ておきたいのは『一無、二少、三多』。  「一無とは、煙草を吸わないこと。二少とは、食事と酒を控えること、三多とは、多めの運動と休養、そして接する機会です。接する対象は人や物。話をしたり趣味を楽しんだりしてください」

定年後は雇われずのんびり過ごしたいと思うか、自分の経験を生かしたい、極端に言うとどちらかだと思いますがここでは、定年後に起業してみる方へ、「働く」ことは、必ずしも「会社に勤める」ことだけではないはず。もう一つ、「独立自営・起業」という道もある。現在では、定年後の「起業」にも様々な手段や。支援策が用意されている。どこかに「もう人に使われたくない」と思う気持ちがあるなら、自分のアイデアを、自分の力とやり方で、誰にも邪魔されずにやってみるというのも悪くない。定年後の起業の可能性について探っていくことにしよう。 2011年中小企業白書によると、近年、起業数は減ってはいるが、60歳代の起業家の増加傾向がみられるようです。定年後に起業してみる?より。
あなたも「ロコモ」? 骨や筋肉の衰え、こまめな筋トレで予防
骨や関節、筋肉など運動器の衰えや障害で介護が必要な状態、または必要になる可能性の高い状態をロコモティブシンドローム(運動器症候群、ロコモ)と呼ぶ。該当者が多く「新しい国民病」とも言われるこの状態にならないためには、健康なうちから日ごろの運動を心がけることが大切だ。 日経健康づくりより

お客様が所有されているお家をあらかじめ住む期間を取り決めてハウスドゥ!が買い取り、売却後はリース契約をしてそのまま今迄と同様にお住みいただけるシステムです。"


朝日新聞 DITALより
「食べる力」鍛え体調改善より
・・・食べ物をのみ込む「嚥下」の機能が落ちている人は、そうでない人と比べて体重や食事量などでみた栄養状態が低めの場合が多い。国内の高齢者約900人を対象とした調査でそんな結果が報告されている。逆に、口からの食事を早めに再開できれば、全身状態の改善も早められる可能性があるわけだ。・・・

おいしい料理が時間制限なしで食べ放題! コスパ◎の大満足のブッフェプラン


家電、空気清浄機、オーブンレンジなど幅広く豊富な商品を特価で販売!わけあり品や値下げ品も特価COMにおまかせ!

・高血圧が気になる! ・血液サラサラを本気で考える方に!・一歩進んだサラサラパワーが欲しい! ・コレステロールが気になる。こんな方へおすすめです!

物忘れが気になる方の為のサプリ<月読>期間限定50%OFFで販売!



セブンミールのお弁当・お惣菜セブンミールのお弁当・お惣菜

セコム・ホームセキュリティ
・空き巣や不審者対策が心配。
・離れて暮らすご家族が心配。
・留守番しているお子様が心配。
・マンションの防犯対策だけでは心配。
・長期不在にする空き家が心配。

はやりの一冊


定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

銀座千疋屋 名入れ銀座ゼリー ¥3,240