特集:ふるさと納税

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税より 総務省ふるさと納税ポータルサイト
「ふるさと納税」を通じて自治体の誇る名産品をもっと身近に体験する

そもそも何のためにつくられた制度なの?
多くの人が地方のふるさとで生まれ、その自治体から医療や教育等様々な住民サービスを受けて育ち、やがて進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税を行っています。 その結果、都会の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育った故郷の自治体には税収が入りません。そこで、「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」、そんな問題提起から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。
ふるさと納税って何?
「納税」という言葉がついているふるさと納税。 実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。
全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限がありますので、ご確認ください。
ふるさと納税の概要はこちらへ
全額控除される、ふるさと納税額(年間上限)の目安についてはこちらへ
ふるさと納税をする自治体はどうやって選ぶの?
ふるさと納税制度は、「生まれ育ったふるさとに貢献できる制度」、「自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度」として創設されました。 自分の生まれ故郷に限らず、どの自治体にでもふるさと納税を行うことができますので、それぞれの自治体がホームページ等で公開している、ふるさと納税に対する考え方や、集まった寄附金の使い道等を見た上で、応援したい自治体を選んでください。 特に寄附金の使い道については、ふるさと納税を行った本人が使途を選択できるようになっている自治体もあります。 このふるさと納税ポータルサイトにおいても、今後、各自治体の取組について随時紹介していきます。
ふるさと納税の手続はどうすればいいの?
実際にふるさと納税を行う際の手続については自治体によって異なりますので、ふるさと納税先として選んだ自治体のホームページ等でご確認いただくか、直接各自治体にお問い合わせください。 ふるさと納税先の自治体選びから、ふるさと納税、そして控除を受けるまでの流れについては、
ふるさと納税の流れはこちらへ
下記は、ふるさと納税サイトです、
各自治体の選択や、返礼品例の選択が行えます。

返礼品例:【感謝祭】 四万十うなぎ蒲焼き(超々特大)2本セット 約600g超! Esu-0032 寄附金額:14,000円

返礼品例:まつの幸せフルーツBOX~プレミアム富士山宝石箱~ 寄附金額:20,000円

返礼品例:大分ブランド豊後牛「頂」A4以上 切り落とし1kg 大分県由布市 平成29年に内閣総理大臣賞を受賞した大分ブランド牛。寄付金額10,000円

ふるさと本舗:Wキャンペーン概要【特典1】2018年中に寄付して最大1,000円分のAmazon ギフト券プレゼント!

古里のことをちゃんと知ってもらいたい。古里の魅力がしっかり伝わる場所にしたい。『ふるり』は「ふるさとを応援」する事を大事にする、ふるさと納税サイトです。