IT化導入後に課題あり

業務フロー作成 超簡単!情報整理(電帳法対応) 中小企業への支援策等 業務効率化におけるデジタル化支援 生産管理システムと会計管理システムとのデータ連携。 デジタル化実例:工数激減! 会計処理データで在庫管理を行う ExcelとAccess
このエントリーをはてなブックマークに追加
Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで当方も機種変更(ソフトバンクからY!mobile)をしました。広告は「シンプルM」ですが「シンプルS」にしました。参考:購入から請求額の詳細

ITへの移行は、今や多くの事業の発展や成長を促進するために不可欠な要素です。多くの事業者ならびに個人がITの力を上手く利用することで、さまざまな分野での便利なインターネット環境の作り上げや、迅速な反応などが実現できます。この記事では、ITを導入後の問題点を解説します。

ICT技術の発達や働き方改革に伴い、多くの企業で進むデジタル化。 しかし、総務省の調査によると、デジタルツールの導入により マイナスの変化を感じている人が多いということが分かっている。 例えば営業現場ではCRM(Customer Relationship Management:顧客管理システム)やSFA(Sales Force Automation:営業支援システム)が多く活用されているが、 「名刺や手書きメモ情報の入力が面倒」 「部署で情報共有に活用してきたExcel資料からデータを転記する必要があり大変」 「売り上げ実績などを最終的に基幹システムに転記しなければならず、ミスが心配」 といった声が聞かれ、入力作業によって 本来の業務に注力できないことが問題視されている。さらに、ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い 切った事業再構築をする必要性が生じています。

IT導入企業の7割が、導入後に課題あり

IT化導入後

図―1

 IT化・システム導入(基幹系・業務系)

自社の 業務内容(業務処理の流れ):業務の見えるか を把握しないまま、必要性を感じて(時流に乗り!)、製造業などは、受発注管理・生産管理・在庫管理のERPパッケージの導入を行ったり、また、製造業に限らず、給与計算システムなどの導入を実施した企業も多いと思います。
あるいは、受注企業においては、受注内容が紙ベース(FAX、郵送)【アナログデータ】から、WEB受注(インターネット利用)【デジタルデータ】に変わる事により、IT化を実施した企業もある事でしょう。
さらに、ITベンダーに薦められるままに実施したとか?喫緊の話題として、インボイス制度、電子帳簿保存法などがあげられますが、その結果として。

 該当システム導入後の問題として

弊社が一番心配していいるのは、  

  • 分相応なシステムを導入していませんか?(システムの機能を全て使用していますか?)
  • システム運用に手を焼いていませんか?(膨大な手間とムダを生んでいませんか?)
    →データ入力の為に従業員を増やしたとか?(コスト高)
  • システムに蓄積された累積された情報(入力データ)を経営分析などを効果的に使用していますか?
    → 例えば、受注データを分析して受注予測を行い在庫率の軽減、棚卸時間の軽減など
  • 社員マスターは、一つですか?
  • どんなに優れたシステムも、入力(登録)作業が面倒では十分に活用できない。
  • まさか、使うのをやめたとか?

・・・など
老婆心ながら心配しています。
ITシステムを導入したからには、そのシステムの機能を100%使用しなければ意味が無いのは誰でもわかることですが、なかなか、使い切れていないのが、現状のようです。(システムといわず、ワード(WORD)、エクセル(EXCEL)において機能を100%使い切れていない、参考本の散乱)

これで良いと考えて導入したコンピュータシステムは、5年間ぐらいで必ず不具合が生じてきます、なぜなら、会社は成長していきます、コンピュータシステムも機能の変更修正は必ず発生します。ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応したコンピュータシステムの再構築する必要性が発生している企業も少なくありません。 現在はIT導入補助金制度などもありますので検討の余地があります。コンピュータシステムの不具合を、そのまま使用続けることは工数時間の無駄が発生します。

システム更新(入替)、システム運用については下さい。

 受注先お仕着せのシステム

製造業おいては、受注を受けるために受注先お仕着せのシステム(Web受注システムなど)を使用していませんか、これらのシステムのデータを自社システムに使用できていますでしょうか?cvsファイル利用してEXCELデータとして再利用することも可能です。

 基幹系・業務系システムの弱点

汎用基幹系・業務系システムの導入にあたってはある程度のカスタマイズを行ったとしても、機能は充分であっても、帳票出力においては、最大公約数的に作成されているために、コンパクトな情報元となり得かったり、必要とする項目がかけていたりします。
例えば、生産管理においてどのような企業においてもシステム的には満足をするが、いざ、該当帳票を作成してみると、自社に必要な情報(項目)が欠落していたり、用紙(A4、A5のこと)が異なっていたり、等です、通常はカスタマイズと称して有償で変更は行われますが、帳票類を全てカスタマイズすると導入価格が高くなります。

「IT活用実態調査」報告書 2021年2月25日 東京商工会議所 中小企業のデジタルシフト推進委員会

 どうしたらよいのか?

毎日発生する情報を如何にして、整理し、加工し、発信(内部・外部)できる情報処理を構築し、その結果IT(パソコンなど)を利用し、業務の省力化を行い、効率的な業務処理を確立することがシステム構築といえます。
【情報は清流のごとく、よどみなく、流す】:業務の業務プロセスを把握⇒業務の見える化こと考えましょう。
情報処理の基本概念

図―2

「IT活用実態調査」報告書 2021年2月25日 東京商工会議所 中小企業のデジタルシフト推進委員会を見ると
◆IT活用の導入時における取り組みはIT活用のレベルに関わらず、「社内で業務プロセスを把握」(=業務の見える化)が最多であった。 IT導入時の取り組み

図―3

と言っても何から手を付けてよいのやら? まずはメールで現状を 下さい、 IT導入

図―4

当社は易しい言葉で(なるべくカタカナ語を使用しないで)ご説明しております。
しばらくおまちください・・・
テレワーク機器をご紹介します。
ノートパソコン本体、599,164商品を取り扱い中:パソコン購入を検討中の方へここをクリックすると/「売れている順」「 価格が安い順 」「価格が高い順」「 レビュー件数の多い順」「 レビュー点数の高い順」/が解るページを表示します。

ERPパッケージ【Enterprise Resource Planning package】とは

各部門ごとに別々に構築されていたシステムを統合し、相互に参照・連携できるようにするもので、調達・購買、製造・生産、物流・在庫管理、販売・受発注管理、人事・給与、財務・会計などの機能が共通のシステム基盤のもとに提供される。 部門をまたぐ情報の流通や業務の連携などが容易になり、業務の迅速化に資する。パッケージの仕様や機能に合わせて業務プロセスやデータ形式などの標準化が必要になるため、業務効率の向上や属人化の排除が進む。 経営層にとっても各部門の状況をリアルタイムに把握しやすくなり、部門ごとの最適化による非効率を排して全体最適化を促したり、意思決定の精度向上などを期待できる。 ERPパッケージとは、企業の経営資源を有効に活用し経営を効率化するために、基幹業務を部門ごとではなく統合的に管理するためのソフトウェアパッケージ。

望まれるシステム要件

  • データ入力の工数を意識したシステム(データ連携)
  • 製品情報、顧客情報は、どの業務においても同一とする(データ共有・データ連結)
下図をクリックして詳細をご覧下さい。 情報処理システムの概要
IT導入補助金2022

図―5

  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」という。)が複数年にわたって中小企業・小規模事業者等の生産性向上を継続的に支援する「生産性革命推進事業」内の「IT導入補助金」において、デジタル化基盤導入類型(以下、「本事業」という)を設け、新型コロナウイルス感染症の影響を受けつつも、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者等を支援するとともに、インボイス制度への対応も見据えつつ、企業間取引のデジタル化を強力に推進するため、「通常枠」よりも補助率を引き上げて優先的に支援する。
  • デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型):補助額5万円~50万円以下(補助率3/4)、補助額50万円超~350万円(補助率2/3)

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型) 利用のお手伝いを行います、下さい。

インボイス制度と電子帳簿保存法

インボイス制度と電子帳簿保存法 インボイス制度と電子帳簿保存法

図―6

インボイス制度と電子帳簿保存法を切り離して考えるわけには参りません、なぜなら、消費税課税業者は請求書の様式変更する必要があり、非消費税課税業者は請求書をデジタル化するように求められるからです。
インボイス制度と電子帳簿保存法ご覧下さい。

帳簿などのデジタル化のお手伝い致します。下さい。

TOP

Copyright © OAコーディネーターズAll Rights Reserved.