太陽光発電? 補助金と税額控除

太陽光発電?


太陽光発電(Photovoltaic power generation)は、太陽電池を利用し太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式です。ソーラー発電とも呼ばれる。 再生可能エネルギーの一種であり、太陽エネルギー利用の一形態である。
導入費用が高めな代わりに、昼間の電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス排出量を削減できるなどの特長を有する。近年の競争によって性能が向上し、設置や保守が容易である等の利点や、低炭素社会の成長産業としての将来性を買われ、需要が拡大している。
近年、太陽光発電システムを、個人の住宅に設置する事が増えています、2009年からは補助金と税額控除で、導入費用も低予算で設置することができます。
太陽光発電システム設置後の注意として電力会社に電力を買取ってもらうわけですが、電力会社との「料金プラン」をしっかりと確認しておきましょう。


太陽光、水力、風力などの 自然エネルギーを使用した電力発電が盛んになるのは良いが、電力などエネルギーの無駄使いを考え直す必要がある事は言うまでもない。
ご注意
太陽電池が発電する直流電流を、家庭用の交流に変える「パワーコンディショナー」は不具合発生率が高い。部品交換を含めると、10年以内に43台(17%)が交換されているという。保守契約の確認も重要です。

重要なお知らせ(平成24年7月24日更新): 平成24年度税制改正に伴い、グリーン投資減税の対象設備(太陽光発電設備、風力発電設備)の定義が変わります。詳細はこちらをご確認下さい。


再生可能エネルギー導入事例

詳細は資源エネルギー庁 固定価格買取制度
詳細は再生可能エネルギー導入事例



太陽光発電の業者選びへ
補助金申請へ
エコ住宅(復興支援・住宅エコポイント)へ
しっとこ自然エネルギーへ
平成21年1月〜平成23年12月住宅用太陽光発電補助金申込受付件数

>速報:『再生可能エネルギーの平成26年度の買取価格』
住宅用太陽光(10kW 未満)
平成25年度買取価格 38円/kWh 買取期間 10年間
平成26年度度買取価格 37円/kWh 買取期間 10年間
住宅用太陽光(10kW 未満)以外へ

太陽光発電の【設備認定基準認定を受けるためにはこれらの基準を満たす必要があります)】
10kW未満(ダブル発電含む)10kW以上(屋根貸し含む)
満たさねばならない基準:A+B+C満たさねばならない基準:A+B+D
  • 調達期間中、導入設備が所期に期待される性能を維持できるような保証又はメンテナンス体制が確保されていること
  • 電気事業者に供給された再生可能エネルギー電気の量を計量法に基づく特定計量器を用い適正に計量することが可能な構造となっていること
  • 発電設備の内容が具体的に特定されていること(製品の製造事業者及び型式番号等の記載が必要)。
  • 設置にかかった費用(設備費用、土地代、系統への接続費用、メンテナンス費用等)の内訳及び当該設備の運転にかかる毎年度の費用の内訳を記録し、かつ、それを毎年度1回提出すること。ただし、住宅用太陽光補助金を受給している場合は不要。
  • 【既存設備のみ適用】 既存の発電設備の変更により再生可能エネルギー電気の供給量を増加させる場合にあっては、当該増加する部分の供給量を的確に計測できる構造であること
パネルの種類に応じて定める以下の変換効率以上のものであること。(フレキシブルタイプ、レンズ、反射鏡を用いるものは除く。)
・シリコン単結晶・シリコン多結晶系  13.5%以上
・シリコン薄膜系 7.0%以上
・化合物系 8.0%以上
  • JIS基準(JISC8990、JISC8991、JISC8992-1、JISC8992-2)又はJIS基準に準じた認証(JET(一般財団法人電気安全環境研究所)による認証等を受けたもの。
  • 余剰配線(発電された電気を住宅内の電力消費に充て、残った電気を電気事業者に供給する配線構造)となっていること。
  • 【ダブル発電のみ適用】 逆潮防止装置があること。
【屋根貸しのみ適用】
(1)全量配線となっていること。
(2)設置場所が住宅の場合は居住者の承諾を得ていること。
買取条件(価格・期間) 38円(税込) ダブル発電の場合は31円(税込) 10年 37.8円(36円+税)20年

補助金と補助金申請

平成25年度の補助金額

平成25年度の補助金申込書の受付は、平成26年3月31日に終了しました
※国が実施する平成26年度の太陽光発電補助金は現在、予定はありません。

平成26年度補正予算案にて家庭・オフィス・運輸部門での省エネルギー対策 定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業(補正予算案100億円) 電力需要のピークコントロールに資する定置用リチウムイオン蓄電池について、家庭用及び事業者への導入を促進することにより、コスト削減と自立的な市場の拡大を目指す。

1kWあたりの補助対象経費1kWあたりの補助金単価
410,000円以下20,000円
500,000円以下15,000円
*平成24年度の補助金制度では、1kWあたりのシステム価格が47.5万円以下の場合は3.5万円/kW、55.0万円以下の場合は3.0万円/kWの補助を実施しています。 本補助金は、補助対象となるシステム価格に上限を設定し、これを段階的に引き下げることにより、住宅用太陽光発電システムの価格低下を促しつつ市場の拡大を図る事を目指している。
現在、太陽光発電システムの平均価格は、計画時の1kW当たり70万円から、45万円程度までに低減しており、J−PECでは、目標達成に向けて、引き続き適正な執行に努めるとしている。

現在の補助金に関する窓口での業務は一般社団法人 太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター:J-PECが行なっています。
J-PEC: 【平成25年度の補助金申請手続きの流れ】
J-PEC: 補助金の申請手続きと期限のフロー図

平成25年度の税額控除

太陽光発電システム税額控除で個人の場合は、 省エネ改修工事をした場合(住宅特定改修特別税額控除)が適用されます。一般省エネ改修工事に要した費用の額とその一般省エネ改修工事の標準的な費用の額のいずれか少ない金額(最高200万円(太陽光発電設備設置工事が含まれる場合は最高300万円))の10%に相当する金額をその年分の所得税額から控除するものです。
 青色申告書を提出する法人の場合は、 環境関連投資促進税制が適用されます。「特別減価償却資産」として控除され、特別償却限度額は、そのエネルギー環境負荷低減推進設備等の取得価額の30%相当額です。「太陽光発電」に関する内容は“太陽光発電設備(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第3条第2項に規定する認定発電設備に該当するものに限ります。次の風力発電設備に同じです。)でその出力が10キロワット以上であるもの、風力発電設備でその出力が1万キロワット以上であるもの”となっています。

太陽光発電でコストパフォーマンスが一番高くなる設備の規模は?

固定価格買取制度で認定を受けた太陽光発電システムの導入コストを資源エネルギー庁がまとめている。出力1kWあたりの導入コストを比較すると、最も低いのは500-1000kWの場合で、2012年10月以降の認定設備では平均で27.3万円まで下がっている。一般に1000kW以上がメガソーラーと呼ばれており、それよりも規模が小さい「ミドルソーラー」のコストパフォーマンスが最高になる。 非住宅用の太陽光発電システムの導入コスト。出典:資源エネルギー庁  規模が大きいメガソーラーのコスト単価も同様に下がっている。買取制度を開始するにあたっては、非住宅用の太陽光発電システムの導入コストを1kWあたり32.5万円と想定して買取価格が決められた。2012年10月以降に認定を受けたミドルソーラーやメガソーラーは1割以上も安い導入コストになっていて、非常に有利である。  一方、出力規模が小さい10-50kWと50-500kWは想定を上回る導入コストがかかっている。特に10-50kWの場合は想定から3割以上も高く、採算性が気になるところだ。小さな工場や倉庫の屋根、狭い空き地などに設置すると、この程度の出力規模になることが多い。特に注意すべきは工事費で、建設場所の条件によっては予想外に高くなる。

平成26年8月5日より太陽光発電設備に係る設備設置後の設置及び運転費用の提出が電子化されました。



停電時でも太陽光発電は使用できるのか?ご心配の方は 東京都が発行する
「太陽光発電の使い方に関するパンフレット」をご覧下さい。 一部を抜粋
そして、停電・災害時に役立つのです!!
●突然の災害により長期間停電になった場合でも、太陽光発電システムに備わっている自立運転機能を活用することで、電力を使うことができます。
●自立運転によってテレビや家電製品を使用できれば、情報を的確につかむことができます。
●携帯電話などの通信情報機器の充電ができます。
●冷蔵庫で薬品等を保存できます。
●電気ポットでお湯を沸かすこともできます。

<遠隔発電見守りサービス“エコめがね”>  全量買取制度の投資回収リスクを軽減する新ソリューションを 提供開始 〜太陽光発電事業者の利益を最大化〜。
太陽光発電設置業者選びのポイントへ

[太陽光発電事業の加盟店入会の勧誘にだまされないで]

最近、太陽光発電事業の加盟店募集の案内や入会申込書が届き、「代わりに申し込んでくれれば謝礼を支払う」と電話で勧誘され申し込んだところ、「グリーン電力証書」という書面が届いた」という相談や「「グリーン電力証書」を高値で買い取る」「代わりに購入してくれたら謝礼を支払う」といろいろな事業者から電話で勧誘され、消費者が立て替えて契約しても買い取られることはなく、その後、連絡が取れなくなるといった内容の相談が急増している。 実体不明の「グリーン電力証書」に関する相談は、2011年度に入り、3カ月で総件数が112件に及んでいる。国民生活センター[公表]実体不明の「グリーン電力証書」の販売トラブルから ソーラーシステムの訪問販売のトラブルが増加
詳細は国民生活センター関連ページをご覧下さい。

太陽光発電設備設置工事をした時の住宅特定改修特別税額控除は

省エネ改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。)とは、居住者が、自己が所有している居住用家屋について一般断熱改修工事等(以下「一般省エネ改修工事」といいます。)を行った場合において、当該家屋を平成21年4月1日から平成24年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに、一定の要件の下で、その一般省エネ改修工事に要した費用の額とその一般省エネ改修工事の標準的な費用の額のいずれか少ない金額(最高200万円(太陽光発電設備設置工事が含まれる場合は最高300万円))の10%に相当する金額をその年分の所得税額から控除するものです

「余剰電力買取制度」と「固定価格買取制度」

現在太陽光発電の売電方法は大きく2種類に分けられる。10kW未満を対象にした。「余剰電力買取制度」は発電した電力を家庭で使い、余った電力のみを電力会社に売るもの。もう1つの「固定価格買取制度」は10kW以上の発電が対象で、発電した電力をすべて電力会社に売ることができる。 買い取り額は「余剰電力買取制度」なら10年間、「固定価格買取制度」なら20年間、いずれも1kWあたり42円 (3月7日現在)。 新しく施工する住宅の屋根を太陽光発電と相性のよいものにすることで、太陽光発電システムを10kW以上搭載することを可能にすれば、10kW以上であれば固定価格買取制度による全量買取が可能となるため、この売電収入で住宅ローンの軽減を図れる。住宅ローン総額2,300万円(太陽光発電11.184kW搭載)を変動金利35年、0.85%にて算出した場合、頭金なしで毎月の住宅ローンは月々63,330円になる。同社では、そこに10kW以上の太陽光発電システムを搭載し「固定価格買取制度」を活用した場合、売電額が月々約36,600円になると試算する。月々の住宅ローンから売電額を差し引くと毎月約26,730円になる計算だ。 「固定価格買取制度」は20年間同一の価格で電力を買い取ることが定められており、上記試算では20年間の合計で約8,784,000円の負担軽減が可能となる。

≪補助金申請≫ 補助金申込書(個人用) 「申請様式第1」

補助金をもらうための申請業務には厳格なルールがあり、そのルール以外は認められないのです。
左図は補助金の申請・交付に関する手続きの流れ(J-PECのウェブサイト より)
 国の補助金の申請・交付にかかわる業務は、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC) という団体が、国から委託を受けて運営しています。申請などの手続きには、書類の書き方や添付書類など、さまざまな規程があるのですが、最も注意しなければならないポイントは、「申請日」「工事着工日」「工事完了日」「完了報告書提出日」といった各日付です。これらの日付が規程通りの期日内でなければ、「補助対象外」になってしまうのです。
 申請手続きの流れとしては、まず設置工事の前に、「補助金申込書」を事前に提出して受理される必要があります。申請内容に間違いがなければ、「補助金申込受理決定通知書」が送られてきますので、その後に着工し、完成後(電気事業者による連系開始後)に「補助金交付申請書(兼完了報告書)」を提出することになります
平成25年度住宅用太陽光発電導入支援補助金- 手続きの手引き -

都道府県のホームページでの対応状況は様々です。

東京都は27日、発電事業者に対して、ソーラーパネル設置用に屋根を貸してくれる建物所有者の仲介に乗り出すと発表した。希望する事業者と建物所有者を都がそれぞれ登録し、11月に顔合わせのセミナーを開く。「屋根貸しビジネス」への同様の支援は神奈川県も今月から始めており各地に広がりそうだ。  都は27日から事業者の募集と登録を始め、その後に建物所有者も募って顔合わせの場を設ける。建物は日当たり良好な150平方メートル以上の屋根があり、20年間貸し付けできることを条件とした。都環境局は「建物が集まる大都市の特性を生かし、再生可能エネルギーの普及を図りたい」としている。
経済産業省・資源エネルギー庁によると、2012年4月から10月末までに運転開始した再生可能エネルギー発電設備の発電出力は115.5万kW(前月比24.3万kW増加)に上っている。このうち、97%以上が太陽光発電設備によるもので、出力発電量は112.6万kW(同24.1万kW)だ。  主に住宅に導入されている10kW未満の発電量の合計は88.6万キロワットで、件数は約13万3000件。一方、10kW以上は24.0万kWの発電量にとどまっているが、固定価格買い取り制度が始まった7月以降に認定を受けた新規設備は162.7万kWに上っており、今後は10kW以上の発電量も増えることが想定される。

TOPへ

Copyright © OAコーディネーターズ All Rights Reserved.