Excelで給与明細表を作成する 

PCを選ぶ PCの常識 Windows情報 Officeの利用 超簡単!情報整理 Gooleサービス ExcelとAccess

このページで作成する給与明細書のイメージは2通りです、個人事業主さんが良く使う伝票風のものと、一般的(横長)なものを作成しました。
伝票風 給与明細票 一般的(横長) 給与明細票 上記ファイルはライブラリーよりダウンロードして下さい。
さて、どのように上記のような、給与明細書つくるにはどうするかレイアウトなどはご自身のノウハウで作成していただくとして、Excelで勤務表作成では、セルの表示形式を“dd (aaa)”、“hh:mm”、“[h]:mm”なども勉強してきましたが、ここでは、関数:LOOKUPの使い方を覚えましょう。

関数:LOOKUP(行列関数)と使用方法
  • Excelのヘルプ(?)でLOOKUPの説明を観ると、“1 つの行または 1 つの列で値を検索します。”:書式「LOOKUP(検査値, 検査範囲, [対応範囲])}の様に説明されています(最近はビデオの説明も付いています
  • 上記の給与明細書を作成するためにどのように、LOOKUPを使用しているか説明します。
  • 上記のExcelファイルには社員マスタ(下図)というシートがあります、 給与明細票
    • A列:従業員のコード(検索対象列となります)
    • その他の列:引用データとなります。
給与明細書(上図)における茶色で塗りつぶした項目の表示に使用します(社員マスタの値)実使用例
例えば、「基本給」に“=LOOKUP(ncd,k_meisai.xls!code_all,k_meisai.xls!kihon_a)”と式を入力します
  • 書式における:検査値, 検査範囲, [対応範囲]です
  • 検査値:ncd=給与明細書(上図)で“a005”と表示しているセルの位置です(セルにname付けをしていない場合は“B8”)
  • 検査範囲:k_meisai.xls!code_all=社員マスタのA列
  • [対応範囲]:表示データ:k_meisai.xls!kihon_=社員マスタのC列 給与明細票
その他の茶色で塗りつぶした項目に対して、LOOKUPの式を上記の要領で入力して下さい

作成した、ファイルをご希望の方は、こちらのページよりダウンロードしてください
ダウンロードしても、どうしてもうまくできない方は気軽にメールをして下さい。

しばらくおまちください・・・
Excel 2013 クイック スタート ガイド
Excel 2013 を初めてお使いになる方は、この無料のガイドをお読みください。作業を進めるのに役立つヒントが記載されています。
@it:Excelでプログラム作成を始めるメリットとマクロの基本:Excelマクロ/VBAで始める業務自動化プログラミング入門

>G-SHOCK オールスターへ

Copyright © OAコーディネーターズ All Rights Reserved.