IT化はしてみたものの?

システム導入(基幹系・業務系)

必要性を感じて(時流に乗り!)、製造業などは、受発注管理・生産管理・在庫管理のERPパッケージの導入を行ったり、また、製造業に限らず、給与計算システムなどの導入を実施した企業も多いと思います。
あるいは、受注企業においては、受注内容が紙ベース(FAX、郵送)【アナログデータ】から、WEB受注(インターネット利用)【デジタルデータ】に変わる事により、IT化を実施した企業もある事でしょう。
さらに、ITベンダーに薦められるままに実施したとか?

該当システム導入後の問題として

弊社が一番思っているのは、  

・・・など
老婆心ながら心配しています。
ITシステムを導入したからには、そのシステムの機能を100%使用しなければ意味が無いのは誰でもわかることですが、なかなか、使い切れていないのが、現状のようです。(システムといわず、ワード(WORD)、エクセル(EXCEL)において機能を100%使い切れていない、参考本の散乱)

汎用基幹系・業務系システムの弱点

汎用基幹系・業務系システムの導入にあたってはある程度のカスタマイズを行ったとしても、機能は充分であっても、帳票出力においては、最大公約数的に作成されているために、コンパクトな情報元となり得かったり、必要とする項目がかけていたりします。
例えば、生産管理においてどのような企業においてもシステム的には満足をするが、いざ、該当帳票を作成してみると、自社に必要な情報(項目)が欠落していたり、用紙(A4、A5のこと)が異なっていたり、等です、通常はカスタマイズと称して有償で変更は行われますが、帳票類を全てカスタマイズすると導入価格が高くなってしまう。

どうしたらよいのか?

毎日発生する情報を如何にして、整理し、加工し、発信(内部・外部)できる情報処理を構築し、その結果IT(パソコンなど)を利用し、省力化し効率的な業務処理を作ることがシステム構築といえます。
情報は清流のごとく、よどみなく、流すこと考えましょう。
と言っても何から手を付けてよいのやら? まずは、当社に問い合わせて下さい。
当社への問い合わせは、(易しい言葉で(なるべくカタカナ語を使用しないで)ご説明しております。
下記からお願いいたします。