Microsoft Accesssでシステム構築

資料として→

業務フローを作成する

システム構築を計画表もなく取り組むことはないと思いますが、計画表の中では、自社作成、外注作成など基本計画はあると思います。システム構築時の注意点などは、情報化への道:業務改革の実施へをご覧ください。
計画表には、必ず「業務フローを作成する」という工程を入れておきましょう。業務フローを作成する方法については、業務フローを作成するご覧ください。
この工程(作業)はシステム構築において一番重要です。
一般的にはシステム構築の工程には、要件定義作成、外部仕様作成、内部仕様作成、プログラム作成&テスト、運用テストという工程があります。

Microsoft Accesssとは *ウィキペディアへリンク

Microsoft Accesssの詳細は上記リンクで確認して下さい。>Microsoft Accesssでシステム構築を行う利点として

              

どのような、システム構築が可能か *一般的な呼称として

システム呼称はいろいろありますが

本格的な在庫管理機能を必要としないお客様向けの
  1. 顧客管理システム(名簿管理システム): 顧客、会員、患者、生徒、等の基本的な名簿管理に加え、氏名毎に複数の履歴情報の登録が可能としたり、 また、名簿番号、住所、氏名、電話、カテゴリ、等からのキーワード検索ができるようにしたり、入力画面には、郵便番号による住所入力支援が可能。
  2. 見積管理システム:WordとExcelでも構築できますが、顧客情報および見積履歴をデータベースで管理することができます。 過去の見積や類似案件の見積を検索したりコピーする事も容易に可能となります。
  3. 販売管理システム(売上管理システム、受注管理システム) 受注処理に納品書、請求書、宅配伝票を連動させたりできます。
  4. 商品管理システム(入出庫管理システム): 商品の実入庫数・実出庫数を管理し、 商品毎に危険在庫数の設定が可能です。
  5. 発注管理システム(資材・製品管理システム) ベンダー毎に発注伝票を起こす必要がなく、一回の起票で複数ベンダーへの「発注書」を自動的に作成したり。 また、発注・納入履歴を元に、各ベンダーからの納入状況(商品の納入予定、納入実績、納入残数、遅延・分納)を管理。

弊社が作成した最近のシステムは生産管理システムです

IT人材を育てるための中小企業基盤整備機構・戦略的CIO育成支援事業

比較的長期間に亘って専門家を派遣し、経営戦略に基づくIT化計画の策定及びその実施など、CIO的な立場に立ったきめ細かなアドバイスを行うとともに、アドバイスを通じ、中小企業におけるITの人材育成を行うことを目的とします。

  
負担費用 16,700円/日(CIO派遣に要する謝金の1/3相当額)
派遣期間 3ヶ月間(月最大15日) *更新可
ホームページ中小企業基盤整備機構・戦略的CIO育成支援事業