中高年のための山歩きペ−ジ構成

計画と実行

1.情報集め

子育てが終わったから、定年になったから、忙しいけれど一念発起してなど、時間の作り方は様々でしょうが、

これから山登りでもはじめてみようと思った方は、日本にどんな山があり(日本の100名山をご存知ですか?)、どんな登られ方ををしているのか、

山登りの全体像を把握する努力をすべきでしょう。

全体像把握の方法として山岳雑誌の定期購読がお勧めです。

「こんな山に行きたいと言う動機がうまれ、全体像把握の主な情報源」

「ある山の状況を把握し、コースなどを決めるときの主な情報源」

「宿泊:交通手段などを決定するときの主な情報源」

2.登山計画書を作る

他人のプランにせよ、自分のプランにせよ、そのコースが自分の体力に見合ったものであるか否かは考えてみる必要がある。

健康で、並み体力の中高年の場合、初めての山登りになるのだとしたら、所要時間が4時間から最大6時間くらいで

標高差が600mから800m程度のコースを選んでおくのが無難でしょう。

登山計画書を作成とは、安心度の自己チェックにもなり、周りに伝えることにより案心度が高まるというものです。

3.当日までの準備

宿泊の確認・予約 山小屋の予約が必要か、前泊や下山後の宿の予約など
交通機関の確認・予約 電車、バスなどのダイヤの確認、タクシーを含め事前の予約が必要な場合はその手配を。
自家用車を使う場合は、どこに集合し、どう乗り合うのかを指示。
装備の確認とパッキング 日程にあった装備の準備と個々の点検、消耗品の手配。ザックへのパッキングなど。
また共同装備などパーティ全体でそろえるものの手配や調整
食料 行動食やテント泊の場合は朝夜の食事のプランと購入
地形図・地図 登る山の地形図や登山ガイドマップ、周辺の地図などの情報を入手