Windows10 タスクバーを理解する

タスクバーの新しいボタン(タスクバーは、画面の最下段に表示されています)

 タスクバーの左側
 スタート画面を表示します
 [contana]といいます:パソコンの不明点などが質問できます
 [タスクビュー」といいます
 [ストア」といいます:ゲームやアプりが買えます
 edgeを起動します:インターネットエクプローラーと同等の機能を持っています
 タスクバーの右側
 隠れているインジケータを表示します
 Windowsからの通知情報を表示します。(Windowsupdateの内容など)通知がある場合は枠内は白線が表示されます。

 [contana]とは

詳細は MicrosoftCortanaでご覧ください
Cortana はデジタル エージェントです。 作業を進める手助けをしてくれます。 Cortana を使えば使うほど、ユーザー エクスペリエンスがより個人向けにカスタマイズされます。 最初に、検索ボックスに質問を入力するか、マイク を選んで Cortana に話しかけます (入力はすべての種類の PC で有効ですが、話しかけるにはマイクが必要です)。 何を話したらよいかわからない場合は、ロック画面で候補を見ることができます。または、タスク バーの検索ボックスを選んで Cortana のホームで見ることもできます。 Cortana に含まれているサービスの一部を紹介します。 時刻、場所、または人に基づいてリマインダーを表示する。 パッケージ、チーム、関心、フライトを追跡する。 メールやメッセージを送信する。 カレンダーを管理し、最新の状態に保つ。 リストを作成して管理する。 おしゃべりやゲームをする。 事実、ファイル、場所、情報を検索する。 システム内のアプリを開く。

 [タスクビュー]とは

アプリを切り替えたり、仮想デスクトップを活用する機能です。アプリを切り替るということは、例えば、WordとExcelとedgeを起動させている場合、そしてデータファイル複数開いている場合に、タスクバーのアイコンで切り替えることも可能ですが このボタンをクリックすることにより、一度に確認できます。

左記の図の内容は、Wordファイルが2個、Excelファイルが2個、ペイント、などを使用いています。




仮想デスクトップとは?
これまでの OS はデスクトップ画面が一つのみでしたが、これを複数作れるのが 「仮想デスクトップ」 という機能です。用途ごとにデスクトップの切り替えが可能なので、作業を効率的に進めることができます。またデスクトップの数は上限なく追加することができるので、限られた画面を分割せずに、一つのソフトウェアをそれぞれ全画面で表示して使うことも可能です。 仮想デスクトップの詳細へ

タスクバーの表示方法を変えるには

タスクバーで右クリックしてから「設定」を左クリックしてください、設定画面が表示されたら自分の好みに変更できます。