SNSを利用して顧客を増やすには?



最近は自社のHP(サイト)を持つ会社はすくなくないですが、作成しっぱなし状態の会社が多いようですね。HP(サイト)を作成したら日程を決めて更新することが大事ですが、更新は自社ではできない、あるいは、更新料を取られるなどで更新しないHP(サイト)は単なる名刺的になってしまいます。中小企業の多くは、自発的な情報発信さえほとんどしていない、SNS(無料)と良い場があるのに利用していません。このページでは、自社の情報を拡散しユーザーとの関係性を高めるためにSNS種類とその方法を記載しています。

SNSの利用につては下記の様に推奨されています、SNS(Titter,FcaBookなど)を安全に歩くための10項目:特定非営利活動法人(NPO)の日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)を理解した上でSNSをはじめましょう

  1. 常に公開・引用・記録されることを意識して利用する。
  2. 複雑なパスワードを利用し、セキュリティを高める設定を利用する。
  3. 公開範囲を設定し、不必要な露出を避ける。
  4. 知らない人とむやみに“友達”にならない、知っている人でも真正の確認をする。
  5. “友達”に迷惑をかけない設定を行う。
  6. “友達”から削除は慎重に、制限リストなどの利用も考慮する。
  7. 写真の位置情報やチェックインなど、技術的なリスクを理解し正しく利用する。
  8. むやみに“友達”のタグ付けや投稿を行わない。
  9. 対策ソフトを利用し、危険なサイトを利用するリスクを低減する。
  10. 企業などの組織においては、SNSガイドラインを策定し順守する。

SNSの開始方法

上記「SNSの種類」における、各SNSサイトのリンク先をクリックして“ログイン”という場所を探してクリックすると初期登録を行うボタンやリンクがありますので、その場所をクリックして初期登録を行って下さい。
“Google+”、“Youtube”、“Blogger”はGogleアカウントを作成してから利用できます:Googleアカウント作成へ
“Facebook”は“twitter”に連携(twitterに投稿するとFacebookに投稿されます)されています。
“Linkedin”は“Facebook”のアカウントで開設すると“Linkedin”への投稿は“Facebook”に連携されます。

SNSで逐次新情報(商品紹介、イベント、募集など)をしましょう。

製造業のHPは技術的紹介なのか、製品紹介なのか、「コレッ」といった部分にかけるようです。この様なことを解消するためにSNSを使用して「コレッ」といった部分を紹介する記事を書きHPの該当ページにリンクさせるとお客様に理解していただけます。 HP上では、動画を掲載できない場合は、スマートホンで動画(製造工程やイベント状況など)を作成しSNSにアップすることも有効な手段です。 HPの更新は自社でできなくなくても、SNSによる情報発信はそんなに難しい問題ではありません、初期は少し専門家に指導していただき、その後は自社で情報発信ができるようになります。

弊社でのSNS利用実態

弊社でのHP以外の情報発信は

  1. Niftyの無料ブログサイトを開設(現在はスマートフォン(iPhone)情報専用としている)
  2. レンタルサーバにブログサイトを開設(WoraPressを利用しています)
  3. twitterを開設
  4. Facebookを開設とFacebookのページを開設
  5. Niftyの無料ブログサイトを開設:所沢青色申告会(仕事先)
  6. Linkedinを開設
  7. Google+を開設
  8. Bloggerを開設(現在はテレビ情報専用としている)
facebookt・twitter連携図

このページは、作成後、このページの紹介を“WordPress”に投稿して、上記図のように拡散されます。